(株) CMC総合研究所代表取締役 工学博士元島栖二

新聞掲載一覧

1) ミクロンの世界で競う単結晶の造形美、朝日新聞(夕刊) 1987年9月30日
2) コイル状結晶作りに成功、朝日新聞(夕刊) 1988年6月28日
3) 酸化ニオブのウィスカー、産経新聞 1988年8月3日
4) 窒化ケイ素繊維 --- コイル状に作成、日本経済新聞 1988年8月13日
5-77) 単結晶の美(連載 72回)、産経新聞 1988年6月1日
~1989年12月28日
78) スプリングの山---世界初のセラミックファイバー、毎日新聞 1989年1月23日
79) スプリングの山---世界初のセラミックファイバー、毎日新聞(夕刊) 1989年1月25日
80) 窒化ケイ素ファイバー --- コイル状を開発、日刊工業新聞 1989年1月31日
81) ニューセラミックス --- ミクロの芸術、中日新聞(夕刊) 1989年2月1日
82) ミクロンの世界 --- 不思議な世界 --- 新素材作りの副産物、産経新聞(夕刊) 1989年5月27日
83) カーボン繊維スプリング --- 金属より優れる弾力性、日刊工業新聞 1989年9月16日
84) 「コイル状炭素繊維」撮った --- 釣りざお・スキー板さらにしなやかに、朝日新聞(夕刊) 1989年9月20日
85) 複合バネ---弾力性が金属製より高く再現性も最大3割、日刊工業新聞 1990年5月9日
86) 私は「ミクロの芸術家」---ファインセラの美追い求める、中日新聞 1991年3月31日
87) コイル状炭素繊維開発---人体悪影響の電子機器の誤作動、有害電磁波を遮断、岐阜新聞 1996年9月3日
88) コイル状の炭素繊維---携帯電話の電磁波吸収---世界で初めて開発、長崎新聞 1996年9月7日
89) コイル状の炭素繊維を開発---人体悪影響?不安高まる電磁波---新素材で吸収、西日本新聞 1997年1月6日
90) 電磁波公害の切り札期待---吸収新素材を開発、中日新聞 1997年1月6日
91) コイル状炭素繊維 -製造プロセスを確立―電磁波吸収も確認―、日刊工業新聞 1997年2月4日
92) 電磁波を吸収する炭素繊維 -パソコンなどのケースに利用―ほぼ100%もれを防ぐ、日経産業新聞 1997年2月14日
93) プレス部品複合生産など10課題、新技術企業化に50億円、日刊工業新聞 1998年3月6日
94) 微細な炭素コイル、岐阜大学が量産化技術開発、日本経済新聞 1998年3月7日
95) 岐阜大学工学部に研究費、カーボンマイクロコイル開発、岐阜新聞 1998年3月14日
96) 電磁波吸収材に注目、中日新聞 1998年3月14日
97) カーボンマイクロコイルの製造技術、科学技術振興事業団が揖斐電アセチレンに開発委託、電波新聞 1998年3月26日
98) コイル状で径はマイクロオーダー、炭素材料 岐阜大学が製造技術、日本工業新聞 1998年3月27日
99) 電磁波対策に切り札的素材に、幅広い応用が期待できるカーボンマイクロコイル、信濃毎日新聞 1998年4月20日
100) 炭素繊維の量産新技術を開発 -電磁波公害をシャットアウト-、中日新聞 1998年9月18日
101) 新素材の応用で議論、日米のコイル研究者6人が議論、中日新聞 1998年9月19日
102) らせん状炭素繊維を開発―自然のなぞを解き明かすカギに―、日本経済新聞 1998年11月7日
103) 電磁波吸収に効果 --- カーボンマイクロコイル ---、実用化へ東西の教授が結集 --- 共同出資で技術移転会社、日刊工業新聞 1999年6月30日
104) 電磁波を吸収する夢の炭素繊維実用化へ ―岐阜大の先生ら共同出資で新会社―、中日新聞 1999年7月17日
105) 電磁波防御も可能に、聞こえた結晶の息遣い、読売新聞 2000年2月1日
106) シーエムシー技術開発 --- 事業化含む3者で特許 --- カーボンマイクロコイル、技術移転を本格化、日刊工業新聞 2000年3月1日
107) カーボンナノコイル100-300ナノメーター径実現、ギガヘルツ帯の電磁波吸収材に、岐阜大学が作成,日本工業新聞 2000年10月11日
108) 岐阜大学工学部元島栖二教授、喜びと研究業績語る、科学の可能性を広げた、岐阜新聞 2000年10月12日
109) 高重量比で水素吸蔵 岐阜大などCMC試作に成功 、日本工業新聞 2000年1月12日
110) 花開く応用分野 宇宙開発にも夢広がる--、岐阜新聞 2000年11月19日
111) 期待の研究ナノだ、文科省ミレニアムプロジェクト選出、中日新聞 2001年11月17日
112) 最先端の科学講座、生徒ら熱いまなざし、中日新聞 2001年12月11日
113) 生徒ら最先端科学に関心-岐阜高で研究者講演会-、岐阜新聞 2001年12月11日
114) 100GHz、完全吸収、日刊工業新聞 2002年1月9日
115) 「CMC応用研」設立-名工大、産学で研究促進、日刊工業新聞 2002年2月22日
116) トップインタビュー「革新的材料CMC」[早期実現へVB設立]、日本工業新聞 2002年7月2日
117) シーエムシー技術開発、ワラント債1000万円発行・技術移転事業を本格化、中部経済新聞 2002年8月10日
118) 大学発ベンチャー・2社が上場計画-CMCなど、中部でも連携広がる、日本経済新聞 2002年10月16日
119) シーエムシー技術開発、高精度センサー開発、中部経済新聞 2002年11月4日
120) CMC利用の電磁波吸収体-シーエムシー技術開発-成形品加工が容易、日刊工業新聞 2002年11月15日
121) 導電性を保ち伸び縮み-超弾力性カーボン材開発、岐阜大と中国の大学、日刊工業新聞 2003年1月24日
122) 微細な磁場を計測、名工大。岐大がセンサー・カーボンマイクロコイルで、日本工業新聞 2003年2年13日
123) ヘリカル状の酸化チタン材料開発・岐阜大-微小コイルで新規触媒も、日本工業新聞 2003年2月18日
124) らせん状炭素構造体を利用―人に近い触覚センサー、痛み・くすぐったさを識別、日経産業新聞 2003年5月28日
125) 超小型アンテナ素子開発、シーエムシー技術開発、面積パラボラの1/4,能力従来の10倍、CMC活用、共同で、日刊工業 新 聞 2003年7月15日
126) 代謝高め美肌効果、炭素繊維から発見、メナード、中日新聞 2003年7月11日
127) カーボンマイクロコイル、コラーゲン生成効果、メナードが発見、表皮細胞増殖も促進、日刊工業新聞 2003年7月11日
128) CMCが生成促進、メナードが解明,今秋にも化粧品展開、化学工業日報 2003年7月11日
129) 「テクノメッセ2003~未来はここから始まる」、近未来の技術体感、岐阜新聞 2003年9月30日
130) 大学発ベンチャーの挑戦、CMC事業化橋渡し、来年にも新製品誕生へ、日刊工業新聞 2003年10月30日
131) PORT賞2件を表彰-簡明技術推進機構-、ともに炭素関連の成果、日本工業新聞 2003年12月22日
132) 電磁波封じる炭素素材、学者仲間と出資、起業、朝日新聞 2004年1月10日
133) ナノテク新素材、炭素コイル広がる応用、電磁波吸収・センサーにも、読売新聞 2004年2 月17日
134) 中部新ものづくり~夢の炭素繊維、高速通信小さな大発明、中日新聞 2004年2月20日
135) 究極の触覚センサー開発、岐阜大・元島教授の研究室世界最小の0.1㍉立方体、新素材使い高感度、腹腔鏡手術や回転ドア 事 故防止に応用も、岐阜新聞 2004年6月24日
136) 最小触覚センサー開発、岐阜大・炭素繊維使い超高感度、中日新聞 2004年6月26日
137) 世界最小触覚センサー、岐阜大グループ・医療機器に応用へ、長崎新聞 2004年6月26日
138) 高感度触覚センサーを開発、岐阜大学工学部の元島栖二教授グループ、世界最小・医療機器応用へ、中部経済新聞 2004年6月26日
139) 世界最小触覚センサー、CMC活用・医療器具などに応用、岐阜大が開発、日刊工業新聞 2004年6月28日
140) 繊維を使いソフトタッチ、岐阜大内視鏡用にセンサー、fuji sankei business i. 2004年6月29日
141) 新発見にわくわく、日刊工業新聞 2004年7月12日
142) ナノテクの世界―コレ何ナノ?注目の新素材、読売新聞 2004年9月20日
143) 『ミクロの世界』岩永浩、元島栖二著、日刊工業新聞 2004年12月20日
144) 進化する日本力(にっぽんブランド)、名古屋パワー、勢い増すラボ(ラボラトリー)VB(ベンチャービジネス)、“死の谷”超え産学官一丸、日刊工業新聞 2004年12月28日
145) 岐阜大学NEWS(口絵)、中日新聞 2005年1年7日
146) 2005年岐阜新聞大賞決まる、学術賞-岐阜大学工学部教授元島栖二(岐阜新聞・岐阜放送)、岐阜新聞 2005年1月18日
147) ふるさとに輝く2、第55回岐阜新聞大賞受賞者、らせん構造研究に熱、学術賞岐阜大学工学部教授元島栖二氏、岐阜新聞 2005年2月2日
148) 指紋型触覚センサー開発、炭素繊維が形状など識別/究極の人工皮膚に近づく、岐阜新聞 2005年2月7日
149) カーボンマイクロコイル100%シングル製造、岐阜大アセチレンガスで熱分解、日刊工業新聞 2005年2月10日
150) 岐阜新聞大賞 6氏1団体、郷土発展に功績、岐阜新聞 2005年2月11日1面
151) 『古里の評価に喜び』、梶原前知事ら受賞者一層の活躍誓う、岐阜新聞大賞贈呈式、岐阜新聞 2005年2月11日22面
152) 人間を追い越す、日刊工業新聞 2005年2月18日
153) 皮膚型センサー開発目指す、研究室から大学はいま、岐阜大学工学部応用化学科物質機能工学講座、岐阜新聞 2005年5月10日
154) CMC実用化で、文部大臣科学技術賞に、高感度触覚センサーを開発、豊丘村出身元島さん、来月飯田で祝賀会を、南信州新聞 2005年5月21日
155) 「新たな視点でモノの見方を」 岐阜大教授、猶興館高で講演、「その道の達人」派遣授業、先端科学技術学ぶ、長崎新聞 200:年7月30日
156) 空間内電波を可視化、シーエムシー技術開発が新技術、電磁波対策に威力、日刊工業新聞 2005年11月21日
157) 「その道の達人」講演会、岐阜大の元島教授、研究する姿勢が大切、小野高、発見・発明で講演、神戸新聞 2005年12月16日
158) Book Review 「ミクロの世界」 岩永浩、元島栖二著、神秘的な造形美に驚き、教育新聞 2006年1月9日
159) CMC研究で日本化学会から「学術賞」、豊丘村出身元島教授、科学技術大賞に輝く栄誉、南信州新聞 2006年3月28日
160) 期待高まる次世代カーボン材料、複合化で軽量・高強度化達成、画期的素材のCMC、電磁波吸収材などに応用へ、中部経済新聞 2006年8月17日
161) わが社の技術開発、シーエムシー技術開発、産官学連携で実用化、CMC普及へ仕組みづくり、中部経済新聞 2006年8月17日
162) ロボットが内視鏡操作、腹腔鏡手術 安全に、岐阜大など、日刊工業新聞 2006年9月28日
163) カーボンマイクロコイル、都市ガスから製造、岐阜大など、価格半分に、日刊工業新聞 2006年10月30日
165) CMC、成長メカニズムを解明、豊丘村出身元島さん、結晶成長学会から論文賞、南信州新聞 2006年11月11日
166) ロボット用人口皮膚CMC(カーボンマイクロコイル)活用し開発、岐阜大とシーエムシー技術開発、弾力・触覚性は人と同等、日刊工業新聞 2006年11月16日
167) らせん構造の炭素繊維発見、研究室発、 岐阜大学工学部(応用化学専攻)元島栖二教授、中日新聞 2006年11月21日
168) マイクロ波照射カ%30秒で自然に外れるネジ、リサイクル時の解体容易、シーエムシー技術開発、日刊工業新聞 2006年12月7日
170) 電子レンジで1000度C、短時間で金属溶融、“発熱する”るつぼ、シーエムシー技術開発、日刊工業新聞 2006年12月21日
171) シーエムシー技術開発、微少触覚センサー開発に力、人間の皮膚感覚再現、CMCに樹脂混入、防犯・医療などに応用、中部経済新聞 2006年12月21日
172) 柔らかいセンサー、人間並み、岐阜大教授ら開発、読売新聞 2007年1月3日
173) 電子レンジで金属溶かするつぼ、各務原のベンチャー企業開発、シーエムシー技術開発、読売新聞 2007年1月15日
175) 期待の新素材、カーボンマイクロコイル、応用製品の開発加速、日刊工業新聞 2007年2 月6日
176) 中部電力基礎技研、33件に助成金贈る、川口理事長「競争勝つ力に」、電気新聞 2007年3 月9日
177) 研究実績や人柄を偲ぶ、富丘村出身元島教授、退職講演と祝賀会開く、南信州新聞 2007年4月3日
178) 「驚異のヘリカル炭素」元島栖二著、読売新聞 2007年4月15日
179) Books、「驚異のヘリカル炭素」元島栖二著、応用分野が広範な新発見、教育新聞 2007年6月7日
180) 努力して世界へ飛躍を、CMC開発の元島栖二さん、豊丘中で後輩らに特別講義、南信州新聞 2007年7月20日
181) 母校の豊丘中で授業、岐大の元島教授、苦悩や研究など語る、中日新聞 2007年7月21日
182) 伊那谷をCMCバレーに、新素材活用へ、元島岐阜大教授(豊丘村出身)が講演、信州日報 2007年8月11日
183) CMCの現状と展望は、豊丘村出身の元島教授など講演、地元企業ら新用途に夢、南信州新聞 2007年8月11日
184) 世界を変える極小「らせん」、元島教授(豊丘村出身)新発見カーボンマイクロコイルとは、信州日報 2007年8月17日
185) ロボット技術最先端を紹介、各務原でフォーラム、読売新聞 2007年9月13日
186) 炭素技術開発支援も、市議会会派みらい、2か月繰り上げ予算要望、南信州新聞 2007年10月9日
187) 世界に通じるCMCバレーに、飯伊企業高い関心、活用研究会来月設立へ、信州日報 2007年10月25日
188)) 「CMC」で飯伊を活性化、商議所など研究会設立へ地元企業と活性化探る、電磁波対策に有効 新しい炭素繊維素材、信濃毎日新聞 2007年10月26日
189) 「CMC活用研」設立へ、準備会を発足、南信州6団体、中日新聞 2007年10月26日
190) 新炭素系素材「CMC」で地域を活性、参加企業募り 活用研究会を設立へ、南信州新聞 2007年10月27日
191) 炭素繊維素材 特製など解説、豊丘出身の元島さん、信濃毎日新聞 2007年11月10日
192) CMC「無限の可能性を秘めている」、豊丘 元島さんが郷里で記念講演、南信州新聞 2007年11月11日
193) CMCで産業活性化を、飯伊の企業など「活用研究会」を設立、信濃毎日新聞 2007年11月28日
194) カーボンマイクロコイル研究会設立、南信州の企業21社、中日新聞 2007年11月28日
195) 先端技術活用にチャレンジ、20超える企業団体 CMC活用研究会を設立、信州日報 2007年11月29日
196) 南信州をCMC発信地に、21社など活用研究会設立、南信州新聞 2007年11月29日
197) 将来は“同じ道州”に、豊丘 東海地区ふるさと会設立、南信州新聞 2007年12月18日
198) 夢の素材CMC、南信州新聞 2008年1月1日
  広がる無限の可能性、開発は豊丘村出身 元島栖二教授、南信州で研究会が始動 南信州を震源、 発信地に、鈴木敏弘会長(ハード技研社長) 南信州をCMCバレーに、活用研究会への期待、岐阜大学特任教授 元島栖二 すごいぞCMC  
199) カーボンマイクロコイルを製造・販売、飯田に開発拠点、信濃毎日新聞 2009年4月24日
200) CMC研究所開所式、中日新聞 2009年4月24日
201) 飯田にCMc研究所開設、南信州新聞 2009年4月25日
202) オンリーワンで地域振興、CMC研究所が始動、他分野への応用期待、南信州新聞 2009年5月12日
203) CMC有効利用各社アイデアを 飯田で研究会総会、中日新聞 2009年6月5日
204) 各社テーマ持ち製品開発、3年目総会、南信州CMC活用研、南信州新聞 2009年6月6日
205) 茅野の宮坂ゴムが健康医療分野進出----肩こり解消商品発売、信濃毎日新聞 2011年

新聞掲載内容

新聞掲載内容(抜粋)

1) ポスター:ファインセラミックスの美を求める―ミクロの芸術家(19789~1990) image
2) ポスター:ナノコイル研究会(2001~2003) image
3) ポスター:新聞発表(2001~2004) image
4) ポスター:新聞発表(2004~2005) image
5) ポスター:新聞発表(2004~2005) image
6) ポスター:触覚センサー(2004) image
7) ポスター:世界に誇る岐阜大学発オンリーワン技---カーボンマイクロコイル(CMC) image
8) ポスター:カーボンマイクロコイルの研究成果実績 image
9) ポスター:カーボンマイクロコイルの研究成果実績 image
10) 茅野市の宮坂ゴムが健康医療分野進出 image


テレビ紹介一覧

結晶が作り出すサイエンスアート、テレビ大阪「美しい科学シグナス」(放映:1987年1月10日)
夢の電磁波吸収繊維誕生、テレビ大阪「美しい科学シグナス」(放映:1999年6月13日)
二重らせんで電磁波を消す男、フジテレビ「テクノマエストロ」、(放映、1999年6月13日)
電磁波吸収新素材、NHK総合テレビ「経済レポート」(放映2000年11月2日)
美濃飛騨-頑張るベンチャー、岐阜テレビ、(2004年10月22日)
進化する知の拠点―岐阜大学、岐阜テレビ(2005年1月23日)
岐阜新聞大賞特別番組, 岐阜テレビ(2005年2月10日)
ナノテク新素材ーカーボンマイクロコイル、信越放送(2011年12月)


ページのTOPへ