(株) CMC総合研究所代表取締役 東京理科大学客員教授 工学博士元島栖二

メディア紹介

文化放送で紹介されました。
 

Quick Time が表示されない場合はこちらでダウンロードしてお試し下さい。
詳細はこちら

元島栖二のプロフィール

元島栖二
■ 略歴
昭和 16年4月3日 長野県下伊那郡豊丘村生れ
昭和 40年3月25日 名古屋工業大学
工業化学科卒業
昭和 42年3月25日 名古屋工業大学
大学院修士課程
工業化学専攻修了
昭和 42年4月1日~
46年6月10日
東亜合成化学工業(株)
昭和 46年6月11日 岐阜大学
工学部合成化学科助手
昭和 57年6月1日 岐阜大学
工学部工業化学科助教授
平成 2年11月1日 岐阜大学
工学部応用化学科教授
平成 19年3月31日 同上 定年退職
平成 19年3月31日 岐阜大学名誉教授
平成 19年4月1日 岐阜大学特任教授
平成 21年3月31日 同上 退職
平成 21年4月1日~
25年3月31日
(財)豊田理化学研究所フェロー
平成 21年8月31日 (株)CMC総合研究所代表取締役
現在に至る
平成 22年4月1日 東京理科大学客員教授
現在に至る
image

image

image


■ 学位

・工学博士(昭和52 /1 /7、名古屋大学、論工博276号)


■ 専門分野・キーワード

・機能性材料科学、ファインセラミックス、ハイブリッドセンサ、ヘリカル材料、感性と工学、美と工学


■ 大学発ベンチャー企業設立

平成11年 オンリーワン技術である“カーボンマイクロコイル”の企業化を目的とし、全国8大学教官の共同出資でベンチャー企業「シーエムシー技術開発(株)」を設立。
平成12年 同上企業の経営権を失う。
平成21年 第2番目のベンチャー企業である(株)CMC総合研究所を設立。


■ 専門分野・キーワード

1990年に、既存素材・材料には見られない特異的構造の3D-ヘリカル/ラセン構造を持つカーボンマイクロコイル(CMC)の合成に世界で始めて成功し、CMCの大量合成技術を確立すると共に、その特異的な電磁気的・機械的・生物学的・化学的特性などを明らかにした。CMCは、現在、化粧品、電磁波吸収材、マイクロ波加熱材として実用化されている。らに、電磁波可視化材、皮膚型高感度触覚・近接センサ、癌やケロイドの治療材など幅広い分野への実用化研究を行った。これらの研究成果に対して、岐阜新聞大賞(平成17年)、文部科学大臣賞(17年)、IEEE-2005 Best Paper Finalist Award(17年)、日本化学会学術賞(18年)、日本結晶成長学会論文賞(18年)、日本セラミックス協会学術賞(20年)、日本セラミックス協会顕微鏡写真最優秀賞(18, 20年)などを受賞した。




■ 役員など

(一社) 日本ヘリカルサイエンス学会会長
ヘリカル代替医療学会会長
波動科学研究機構理事長


■ 研究経過

1989年: マイクロヘリカル状の窒化ケイ素ファイバー(Nature, 339(1989)179) の合成に世界で初めて成功。
1990年 カ-ボンマイクロコイ(Appl. Phys. Lett., 56(1990)231) の合成に世界で初めて成功した。
1990年以降 カーボンマイクロコイルに関する基礎・応用研究を推進。
2009年~
2013年
豊田理化学研究所でCMCに関する基礎研究「CMCの成長メカニズムの解明」に従事。


■賞罰

東海化学工業会賞「化学蒸着法による単結晶の成長に関する研究」(昭和55年) 
材料技術研究協会 論文賞「カーボンマイクロコイルの調整と物性」(平成13年)
簡明技術推進機構 ポート賞[カーボンマイクロコイル(CMC)の研究開発](平成15年)
岐阜新聞大賞、学術賞「CMCの実用化」(平成17年)
文部科学大臣表彰 科学技術賞(研究部門)「カーボンマイクロコイルの創製と電磁波吸収材への応用研究」(平成17年)
日本化学会 学術賞「カーボンマイクロコイルの合成と特性評価」(平成18年)
日本結晶成長学会 論文賞「カーボンマイクロコイル(CMC)の気相合成とその微細構造及び成長メカニズム(平成18年)
IEEE-2005, Int. Conf. Robotics and Biomimetics,“Best Paper Finalist Award”, Biomimetic tactile sensors of CMC/polysilicone composite sheet as artificial skins」(2005).
日本セラミックス協会、学術顕微鏡写真展最優秀賞「ダブルヘリカルCMC」(平成18年)
4th Int. Conf. Computational, Intelligence, Robotics & Autonomous Systems, Best Poster Presentation Award.「Application of CMC in medical robotics and autonomous systems」 (2007).
日本セラミックス協会 学術賞「新規の3次元のヘリカル・らせん構造を持つセラミックスマイクロコイルの開発(平成20年)
材料技術研究協会論文賞「カーボンマイクロコイル(CMC)の特性とその発言メカニズム」(平成27年)


■著書

カーボン用語辞典(分担執筆、アグネ承風社、2000)
表面処理工学(分担執筆、日刊工業、2000)
マイクロマシン技術総覧(分担執筆、産業技術サービスセンター、2002)
Recent Research Developments in Materials Science & Engineering  (分担執筆、Transworld Research Network, 2002)
Encyclopedia of Nanoscience and Nanotechnology  (分担執筆、American Scientific Publishers, 2003)
カーボンナノチューブの大量生産、低コスト化と応用展開 (分担執筆、技術情報協会、2003)
化学便覧・応用化学編(分担執筆、丸善、2003)
ビジュアルガイド、ミクロの世界{岩永浩、元島栖二、シーエムシー技術開発、2004}
超五感センサの開発最前線(分担執筆、NTS, 2005)
ナノカーボンハンドブック(分担執筆、エヌ・テイ・エス、2007)
導電性材料全集(分担執筆、技術情報協会、2007)
驚異のヘリカル炭素(元島栖二、シーエムシー技術開発、2007)
ミクロの世界へズームイン(分担執筆、分研出版、2007)
自己組織化ハンドブック(分担執筆、エヌ/・テイー・エス、2009)
セラミックスの事典(分担執筆、朝倉書店、2009).
図解カーボンマイクロコイル、ヘリカル炭素繊維が拓く世界(元島栖二、日刊工芸新聞、2013)


■学会活動など

材料技術研究協会会員
SSISS会員
賢材研究会会員


ページのTOPへ